躁状態の時は、1日に3時間しか眠らなくても、気分爽快、食欲も十分すぎるくらいあり、あらゆることに興味を示し、寝食を忘れて、仕事や遊びに打ち込みます。時間が経過するにつれ、口数が多く、横柄な態度になったり、大言壮語があるので、周りの人とトラブルを起こします。躁状態は、長くて数ヵ月で終わり、平常に戻るか、抑うつ状態になります。躁病は本人の自覚がなく、専門医に診せるのが難しいこともあります。早く専門医に診せないといろいろな問題を起こしがちになります。  
 
 
 
 
 

神経症 ■心身症 ■うつ病 ■アルコール依存症 ■統合失調症(精神分裂病)

 
 
 
 
  こんなにある身近な「こころの病」トップへ
 
     
   
     
Copyright(C) 2002 株式会社法研